FC2ブログ

4/12(1) ミネストローネ(豆を煮る)・オーブン焼き

4月12日(火)の料理教室のレシピです。
3月は野菜を蒸らしいためしてポタージュスープを作りました。
今回はいろいろな野菜を順次蒸らしいためして作ります。洋風でも和風でも基本は同じの野菜の具沢山スープです。

まず豆を煮ます。(ブログ内に豆の煮方というカテゴリがありますのでそちらもご参照ください)
ミネストローネに入れる豆はたいてい白いんげんとありますが、今日は虎豆を入れます。
※いんげん系の豆を煮る。
いんげん系の豆は虎豆のほか白いんげん豆、金時豆などがあります。大豆系の豆と違って火加減や時間によって煮くずれるので気をつけます。
時間があればやはり一晩たっぷりの水につけてふっくら戻してから煮るとおいしくできます。時間がなければ豆を洗ったら沸騰した湯をたっぷりそそぎ2時間ほど戻してから煮ます。豆の表面のしわがなくなったら火にかけてよい目安です。
お湯で戻した豆は最初から弱めの火でゆっくり煮ます。
沸騰したら豆が踊らないようさらに火を弱め煮ます。その後の料理によりますが好みの固さにして火を止めます。

○ミネストローネ
玉ねぎ 150g にんじん 125g セロリ 150g じゃがいも 300g トマト水煮 にんにく 虎豆(100gを茹でたもの) キャベツ4枚ほど かぶ2個 パプリカ1個 塩豚60g オリーブオイル ローリエ  塩、こしょう おろしチーズ

塩豚は余分な塩を落とし細かくきる。
野菜は全部1~2cm角ぐらいに切る。ただし、キャベツは芯は斜め薄切り、にんにくはみじん切り。
鍋に油半量、玉ねぎ、にんにくを入れ火にかけ蒸らしいため。→油をたしてにんじん、セロリ→キャベツの芯、かぶ、じゃがいも、パプリカ→セロリの葉、塩豚→キャベツ、茹でた豆、トマト、ローリエ、塩半量を加え水を注ぐ。
あくが出てきたらとりながら弱火で20分ほど煮る。
味を整える。
好みでエキストラヴァージンオリーブオイル、粉チーズ、コショウなど添える。

※野菜は上のレシピにこだわらず夏なら夏野菜(ズッキーニ、なす、トマトも水煮ではなく生のものなど)、冬なら根菜類(ごぼう、れんこん、大根ー大根はたくさんいれると大根臭くなります)など季節の野菜を使うといろいろ楽しめます。

○豆と野菜と卵のオーブン焼き
玉ねぎ1個ほど、にんじん1個ほど、ピーマン3~5個ほど、トマト水煮、塩豚50g、茹でた豆カップ1、オリーブオイル、ローリエ、塩、こしょう、卵2~3個、仕上げ用卵適宜、ケチャップ

a)玉ねぎ、にんじん、ピーマンは1cm角ぐらいにきっておく。
鍋にオイルをいれ玉ねぎをまず蒸らしいため→にんじん→ピーマンをいれたらさっとまぜてトマトの水煮、茹でた豆煮汁ごと、ローリエ、塩(半量)、水分が足りないようなら足して野菜に八分通り火が通ったらといた卵2~3個を加え静かに混ぜ、塩・こしょうで味を整える。
a)の種のカップ1強に新たに割りほぐした卵1個を加えよく混ぜ耐熱の器に流しいれチーズをふりオーブンで焼く。
半熟ぐらいの火の通り具合がよい。ケチャップを添え熱々をいただく。

※寒い季節にお店でだすメニューです。
今回作ったミネストローネと内容が似ているのでこの具を利用してオーブン焼きを作りました。
さっぱりした味わいに仕上がりました。ミネストローネスープと一緒に食卓に出しても使い回しとは思われないでしょう。
作り方ーミネストローネの具(汁は少なめにとる)カップ3杯を鍋にとり火にかけ割ほぐした卵一個を加え静かにまぜる。この半量に新たにといた卵1個をよくまぜ器にいれオーブンでやく。


スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)