FC2ブログ

夏野菜の蒸し煮

CIMG0092.jpg

夏の野菜を一度にたくさん食べる料理です。
冷やしてサラダのように食べてもよいし、パンにも合います。
水を使わずに蒸し煮にするので野菜の旨みが凝縮しています。
たくさん作ってあきたらパスタやカレーにします。

材料---
必ず入れる野菜・・・玉ねぎ、トマト
あとは大抵の野菜がいれられます。
人参・じゃがいも、夏野菜のナス・ズッキーニ・かぼちゃ・ピーマン・パプリカ・いんげん・オクラ・ゴーヤ・・・
今回は玉ねぎ・トマトの他人参・ナス・ズッキーニ・ピーマン・かぼちゃ・オクラをいれました。
調味料は油・塩・こぶ

作り方---
たまねぎは大き目のくし切り、人参は火が通りにくいので7mm~1cmの輪切り、ほかの野菜も大き目にごろっと切ります。
鍋は厚手の蓋のぴったりしまるものを使います。
わたしはフィスラーの鍋を使っています。
鍋にオリーブオイル(サラダ油でもいいです)大さじ1~1.5杯をいれ、
一番下に玉ねぎ人参を敷いて並べちぎったこぶと塩を1~2つまみほどちらします。
あとは火の通りにくい順に野菜を重ねてゆきます。
一段ごとに塩を1つまみちらしナス・ズッキーニ→かぼちゃ・ピーマン・オクラ、となるべく平に並べトマトは最後に隙間をうめるように並べます。
蓋をして火にかけ最初中火でクツクツいってきたら弱火にして野菜に火が通るまで。
野菜の汁が十分でてきたか途中で確認してください。その際汁の味をみて塩が足りないようなら足します。
塩がしっかり利いているぐらいの味がよいです。
だいたいうちの鍋だと20~30分くらいでしょうか。
あまり煮すぎると野菜が崩れてしまうので野菜に火が通っていれば火を消して蓋をしてそのまま置いておきます。
これでさめるまでに十分やわらかくなります。
冷蔵庫で冷やして食べたほうがおいしいです。
つるまめでは塩豚(ベーコンで代用できます)を油とこぶの替わりに出しに使っていました。
鍋の一番底と最後に細かくきった塩ぶたをちらして塩は加えずに調理します。
今回お肉を使わずに作ってみたらあっさりして野菜がさらにおいしくなったよう・・・
肉なし肉ありお好きな方で作ってください。
見た目にも色がきれいで暑い夏に食欲をそそります。


スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)