FC2ブログ

こんにゃく湿布

”こんにゃく湿布”は内臓を芯から温めてくれる
自分で手軽に出来る自然療法です。
P2060092.jpg

よほどのことがないと医者に行かない薬を飲まないという生活です。
疲れた時、冷えが気になる、風邪のひき始め、便秘、凝り、胃腸の調子が悪い
などなどちょっと体調がナンだなという時は取りあえず”こんにゃく湿布”です。
よほど体調が悪い時は”効き”がいいのか後でぐったりしてしまいます。
そんな時は無理せず数時間休むとすっきりと回復します。
”こんにゃく湿布”は連日行ってもよいのですが徐々になれて効かなくなります。
長期戦で治す時は私は”足湯”と交互に行います。

こんにゃく2枚とタオル2〜6枚ほど用意します。
鍋にこんにゃく2枚と水をいれ火にかけ10分ほど・・・
充分にこんにゃくを熱くします。
タオル1〜3枚で包み丹田(”へそから三寸下”あたり/人により違うそうです)
と肝臓(右乳の下あたり)にあてます。
温かく気持ちいいと感じるようタオルは調節してください。
2〜30分したら今度は腎臓(2カ所/背骨をはさんで、腰の一番細い所の少し上あたり)をまた2〜30分温めます。
スキャン 1
丁寧にするならそれぞれ温めたあと冷たい布巾などで少し冷やします(さっと拭う程度)。

注意する点は空腹時に行うこと。
使ったこんにゃくは決して食べないこと。
水につけて冷蔵保存すれば何度でも使えます。
いいこんにゃくを使うと小さくなるまで使えますが、
よくないと数日でボロボロに崩れてしまいます。
最近うんと小さくなるまで使える”いい”こんにゃくが
なかなか見つからない気がするのですが・・・

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。