菜の花(菜の花ご飯)

春に美味しい”菜の花”。
主に蕾のついた穂先を束ねたものと、茎・若芽をつんだものとがあります。
春に出回る様々な葉菜(かき菜やアスパラ菜)はアブラナ属ならすべて仲間です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維どれも豊富に含むすぐれた野菜です。
ザクザクきって油で炒めた「菜の花ご飯」はカロテンを効果的に摂取できます。
IMG_0296.jpg
※調理する前に
菜の花は根元を少し切り落とし切り口をたっぷりの水につけます。
15〜30分ほどして水をすった葉がぴんとなってから洗って調理します。

<一人分>菜の花1/2把、オリーブオイル大さじ1/2~1、赤唐辛子少し
酒、塩こしょう、しょうゆ、炒りゴマ(白)、のり適宜

菜の花は穂先・葉と茎にわけ茎は斜め薄切りにします。
穂先と葉は2〜3cmに切ります。
フライパンを熱してオリーブオイルをいれ赤唐辛子と茎を炒めます。
茎が少ししんなりしたら穂先・葉をくわえ手早くいためます。
酒、塩こしょう、しょうゆ少々で味つけ火を止めます。
強火で短時間で仕上げるようにします。
温かいご飯にのせもみ海苔、炒りゴマを指ですりつぶてふりかけます。

◇春先で忙しくて食事が不規則、なんだか体調もすぐれない、そんな人にオススメです。
これを食べれば一発で元気に、なんてことはありませが‥
体調が今ひとつという時は栄養補給よりもビタミン・ミネラルを摂るように心がけます。
切って炒めてご飯にのせるだけなので時間がないという方でも出来るはず‥


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。