梅干し

取りあえず梅干しの塩漬けまでの前段階までです。
このあとしそ漬け、天日干しがあります。

梅 1kg
焼酎 カップ1/2
粗塩 130〜150%(梅の13〜15%)

梅は洗ってかぶるぐらいの水に5時間ほどつけておく。
種離れがよくなる。
ただし梅の表面に黒い斑点がでたらすぐに水からあげる。
水気をきり、きれいなふきんでよく拭き取る。
ホーローか陶器の容器を用意する。
そこに塩を一つかみ分ぐらいしき梅を1〜2段入れる。
塩をふり梅を入れ、を繰り返す。
塩は全体の1/3〜1/2ぐらい残しておいて最後に焼酎をまわしかけてから残りの塩をふる。
落としぶたをして2kg(梅の倍の重さ)の重しをする。
翌日から1日一回ぐらい容器をふる。
4〜5日たって水があがってきたら重しを1kgに減らして赤じそがでるまでそのままおいておく。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。