白和え

白和えは季節ごとの野菜を豆腐の和え衣で和える和食の定番です。
みなさんよくお惣菜やさんで買い求めることと思いますが、思いのほか簡単に出来るものです。
また売っているものはたいてい甘すぎたりするので自分で作れば味も好みに合わせられますね。
豆腐の和え衣は白ゴマを加えたものとクルミを加えたものの2種類をご紹介します。
豆腐だけでもおいしいですがゴマやクルミを加えるとぐっとコクがでて食べごたえがでます。

○木綿豆腐と白ゴマの和え衣
木綿豆腐1/3(100g)、白ゴマ大さじ2、酒とみりんの煮切り大さじ1、塩小さじ1/2、しょうゆ
木綿豆腐はキッチンペーパーか布巾に包んで軽く重しをして15分〜20分おいて水気をきる。
すり鉢でいった白ごまをよくすり水気を切った豆腐を加え滑らかになるまでする。
酒とみりんを同量鍋にいれ火にかけ炎がたつよう加熱して煮切りをつくる。
煮切った酒+みりんと塩、しょうゆはほんの少々(入れすぎると色がきたなくなるので味は塩で調整する)

-にんじん、しいたけ他の白和え
にんじんは千切り、しいたけは手でさく、こんにゃくは薄切りにしてだし(塩、酒、みりん、しょうゆでごく薄く味付け)で煮る。
青み野菜にはインゲン(塩ゆでして千切り)、小松菜(塩ゆでして2〜3cm長さにきる)などを使う。
汁気をよくきって和え衣で和える。

-柿とこんにゃくの白和え
和え衣はにんじん、しいたけ他と一緒。
白こんにゃくは下ごしらえして1~2cm角にきってだし(塩、酒、みりん、しょうゆで味付け、こんにゃくの白色をそこなわないようしょうゆはごく少々)で煮る。
柿は硬めのものを選び1~2cm角にきる。
こんにゃくの煮汁をよくきりさましておく。
柿とともに和え衣で和える。

○豆腐とクルミの和え衣
木綿豆腐1/3(100g)、クルミ大さじ2~3、酒とみりんの煮切り大さじ1、塩小さじ1/2、しょうゆくる
木綿豆腐は同じように水気をきる。
すり鉢でクルミをする。水気を切った豆腐を加え滑らかになるまでする。
煮切った酒+みりんと塩、しょうゆはほんの少々(入れすぎると色がきたなくなるので味は塩で調整する)

-さつまいもときのこの白和え
きのこ(ぬめりのでない物)は手で適当な大きさにさき酒に塩少々をいれた鍋で酒煎りにする。
さつま芋は蒸して2~3cm角に切る。または切手から塩少々で茹でる。
きのこの汁気をよく切り冷ましたさつま芋とともにクルミの和え衣であえる。
粗く刻んだクルミ少々を加えてもよい。

※すり鉢がなければ水気をきった豆腐はボールにいれてフォークなどでつぶし、白ごまはゴマクリームを使い、クルミは細かく刻んで混ぜるようにしてもよいです。

※私は春の山菜類や初夏の豆類(さやえんどう+グリーンピース+空豆)を和える時はクルミの和え衣夏の枝豆、なす、きゅうりなどを和える時は白ごまの和え衣を使います。
こうと決まっているわけではありませんがいろいろ変えると楽しい物です。
また水切りしてすりつぶした木綿豆腐+オリーブオイル+塩+こしょう+アボカドで洋風のディップが、豆腐+ゴマ油+塩+こしょう+醤油少々+ピータン粗みじん+長ネギみじんで中華風前菜などなどすりつぶした木綿豆腐+@は様々に応用できます。

※写真がありませんが、撮り次第アップします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。