赤大豆

赤大豆赤大豆煮

赤大豆というめずらしい大豆をいただきました。
水煮にしました。
一晩水につける時間がなかったので熱湯につけてから煮る方法です。
豆を洗い鍋に湯をわかし火を止め洗った豆をいれて蓋をして4~5時間。
豆の表面にしわが寄っていなければ戻っています。そのまま火にかけます。
弱火で煮始めずっと弱火でゆっくり柔らかくなるまで煮ます。

赤大豆、初めていただきましたが柔らかくて甘いおいしい大豆です。
豆臭さも全くないのでメープルシロップときな粉をかけて味見してみました。
赤大豆きなこ
サラダやマリネ用に水煮にする時は少し歯ごたえの残るように煮るのですが、こんな風に甘くして食べるならもう少し柔らかくしてもいいかな、と思いました。
小豆や金時豆よりサラッとした味わいです。
しょうゆや塩で味付けしてもおいしいけれど、ほんのり甘くするのもちょっとした箸休めにいいかもしれません。

「うかたま」豆特集の取材のあとお豆のことを勉強し直しています。
今食べられている食肉の量の何割かをお豆にしたら健康にも地球環境にもどれだけ有意義なことかしらと思ったり・・・
そんな「役立つ」っていうだけでなく美味しくて見ためも愛らく楽しい。
で、「まめなご飯」についての考察を深めている今日この頃です。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。