ふろふき大根/ネギ味噌/ゆず味噌

今年は野菜が少し高いですね。それでもニュースでよく聞くのは、キュウリがいくらとかナスやレタスがいくらといった話です。ぜんぶ春~夏野菜ですよ。大根、白菜、ネギ、ごぼうなどなど冬野菜は驚くほど高くはなっていない、という印象です。
旬の野菜を食べることは体をその季節に慣らしてあげることになります。
夏の野菜は夏の暑さから冬の野菜は冬の寒さから体を守ってくれる。
逆のことをすればあまりいい事にはなりません。
冬の代表野菜が大根です。
夏大根もありますが、わたしは夏大根はおろしや千切りで生でしか食べません。
煮て食べるのは冬大根です!

ふろふき大根_convert_20120127151413
写真上はネギ味噌、右下はふろふき大根(ネギ味噌をのせて)、左下はふろふき大根のオーブン焼

○ふろふき大根
大根は3~4cm厚さの輪切りにして厚めに皮をむき、隠し包丁(厚さの半分くらいまで包丁で切り込みをいれる)を入れる。
鍋に切れ目を下にして大根を並べる。大根が鍋にぴったり収まるぐらいで煮るようにする。
米ひとつかみ、こぶ、水はヒタヒタ、をいれて火にかける。
煮たってきたら弱火にして大根が充分柔らかくなるまで静かに煮る。
汁ごと保存する。
※大根の皮はざるに広げるなどして干し大根にします。

◇ネギ味噌
ネギ(2~3本)は青い部分も一緒に小口切り。
フライパンにゴマ油小さじ1とネギを入れ火にかける。
ゆっくり蒸らしいためしたら味噌大さじ2~3、酒大さじ1をのせて(水分が少なくて焦げそうだったら水も少し足す)蓋をして10分ほど蒸らす。
ネギと味噌を混ぜて火からおろす。

◇ゆずみそ
ゆずは皮の部分をおろしておく。
鍋に酒(大さじ1.5)みりん(大さじ1.5)、みそ(大さじ3)を入れ火にかけよくねる。
好みで砂糖を加え甘みは調整して・・・最後にゆずを加え火から下ろす。
ふろふき大根にそえたり、温めた豆腐に添えてもおいしい。

※ふろふき大根は食べる分だけ汁ごと大根をあたためネギ味噌をのせて食べます。
のせる味噌はゆず味噌や肉みそなど好みの味噌を作ってみて下さい。

※ふろふき大根を煮た煮汁は大根と米、こぶの甘みがあっておいしいスープです。味噌汁やスープに使う、又はそのまま温めて塩少々や梅干しを入れて飲む(朝向きです)、又は熱々にしてネギ味噌を溶かして飲む(夜向き?かな)などなど捨てずにいただきます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。