白花豆のスクランブルエッグ、ほかディップ2種

白花豆を洋風に煮てスープやオムレツにしました。
もちろんそのままオリーブオイルと塩こしょうで食べても美味しいですよ。
白花豆より小さい白いんげん豆を同じように煮てもおいしいものです。
ただいんげん系の豆ならなんでもという訳にはいきません。
金時豆で同じに煮てみましたがあまり美味しくありませんでした。
「白い」ほくほくする豆がいいんですね。

CIMG0354_convert_20110923174618.jpg
写真は、白花豆のスクランブルエッグ(向かって左)と白花豆のスープ(右)です。

白花豆の洋風煮
白花豆の洋風煮の煮方をブログにアップしたのでそちらをご参照ください。

白花豆のスクランブルエッグ
白花豆の洋風煮、卵、トマト、塩こしょう、下煮の玉ねぎ、油
フライパンを温め油をひき豆の下煮につかった玉ねぎは適当にきり、2cm角にきったトマト、豆とともに炒める。塩こしょうで味つけ溶き卵(塩ひとつまみ加えた)を流し入れふわっとまとめる。

白花豆のスープ
白花豆の洋風煮、煮汁、玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、豆苗、塩こしょう、オリーブオイル
鍋を熱しオリーブオイルを加え1~2cm角に切ったの玉ねぎを蒸らし炒め。
色が変わったら2mm厚さ2cm角にきったにんじんを加え蒸らし炒め、5mm厚さ2cm角にきったじゃがいもも加えさっと炒め合わせ、豆、豆の煮汁(足りなければ水)を加え塩こしょう。
にんじん、じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。
最後に2~3cmにきった豆苗を加え味を整え一煮立ちしたら火を止める。

○大豆のペースト
大豆水煮(大豆1カップ、水4カップ)、玉ねぎ
一晩水につけた大豆を火にかける。
最初は中火程度で泡がでてきたら弱火にして泡はすくいとる。
ごく弱火で豆が柔らかくなるまで煮る。
千切りにした玉ねぎ、塩少々を加え最初2~3分蓋をして玉ねぎを蒸らし煮する。
その後は蓋をとって水気がなくなるまで火にかける。
水気がなくなったらフードプロセッサーにかける。

○チキンきのこペースト
きのこ(2~3種類)、鶏胸肉、玉ねぎ、にんにく、オリーブオイル、酒、塩、こしょう、ナツメグ
きのこはなめご、えのきなどヌルヌルするものは避けて2~4種類用意する。
なるべく包丁を使わないで適当な大きさにしておく。
鶏胸肉は2cm角ほどにきって軽く塩こしょうしておく。
玉ねぎ、にんにくは粗みじんぎり。
フライパンに油をいれ玉ねぎにんにくを蒸らし炒め。
鶏肉を加え色がかわってきたらきのこを加えざっと炒め、酒、塩こしょう、ナツメグで味付け。
具によく火が通ったら火からおろしフードプロセッサーにかける。
好みによるが粗めにフードプロセッサーにかける。
最後にオリーブオイル、塩こしょうで味をととのえる。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。