酒粕クッキー

酒粕と味噌いりのクッキーはお茶請けにもお酒のお供にもぴったり・・・

酒粕クッキー

酒粕/大さじ1+小さじ1  
みそ/大さじ1+小さじ1弱(みそによって塩味は違うので調節する)
油/大さじ2 水/大さじ2.5~3
すりゴマ/大さじ4(炒りごまをする場合大さじ2.5) 地粉/カップ1.5

酒粕とみそをよく混ぜ、粉・すりゴマ・油・水大さじ2を加えて更に混ぜます。
残りの水は生地の硬さをみて加減します。
ムラなく混ざったら一まとめにしてラップに包み20分ほどねかせます。
生地が馴染んだら粉をふった台で形を整えます。
形はお好みで、不揃いでも手作り感があっていいです。
幅1.5cm、長さ9~10cm、厚さ3~5mmぐらいのものが食べやすいようです。
180度のオーブンで10〜20分で色よく焼きます。

市販のスナックのように食べだしたら止まらないということがありません。
味噌と酒粕とゴマの風味がチーズのよう‥でもサッパリしていて、
ビールやワインのおつまみにもぴったりです。

スポンサーサイト

豆入りおこし

PB250020.jpg

○豆いりおこし
黒蜜の分量  黒砂糖60g(カップ1/2) 水80g(カップ1/2)  水飴10g(大さじ1)
具材の分量  煎り豆25g(大さじ4)コーンフレーク35g(カップ11/2)オートミール大さじ2

クッキングシートにきな粉又は麦焦がし(はったい粉)をふっておく。
黒砂糖と水を鍋にいれ火にかける。
ほどよく煮詰め(コップの水に黒みつをたらして散らずにまとまるのが目安)水飴をくわえる。
具材をまぜ手早くみつをからめクッキングシートに広げる。
上からきな粉/はったい粉をふりクッキングシートでおさえあら熱がとれたらピンポン玉ぐらいにまとめる。
冷めたら乾燥剤とともに保存する。


豆乳寒(豆乳プリン)

P7080004_convert_20130711003302.jpg
○豆乳寒天
棒寒天1/2本、水カップ1、豆乳カップ1.5~2、砂糖大さじ1
棒寒天を溶かしてから砂糖を加え室温にした豆乳を加え容器にいれて固める。
きなこ、メープルシロップ・蜂蜜・黒蜜などとともに食べる。

●棒寒天の扱い/さっと水洗いして水に浸してもどし、さらに細かくちぎって、しばらく(30分ほど)水に浸しておく。
煮詰め方は弱火で、あまりかき混ぜないように。煮詰め方が足りなくても固まりにくくなる。
砂糖は寒天が完全に溶けてから入れる。
寒天は室温で固まるが、果汁など酸味の強いものを加えると固まりにくくなる。酸味のあるものは寒天液が充分冷めてから、最後に加えるようにする。
85度~95度で溶け、30度~40度で固まる。
寒天と水分の割合は・・・
棒寒天1/2本(4g) :水250~300cc 硬め。豆かん
  〃 :水400~450cc しっかりめ。型にいれる
  〃 :水500~600cc やわらかめ。豆乳かんなど

※豆乳は大豆固形分11%以上のお豆腐のできる濃いめの豆乳の分量です。
大豆固形分がそれ以下(9%など)の豆乳でしたら水を少なく豆乳をその分多くします。
寒天は水+分量の豆乳の半量をいれて加熱して煮とかします。その場合豆乳の表面に膜が出来易くなりますが気になるようなら取り除いて・・・
固めるときは室温にそのままにしておくとやはり豆乳の膜が出来やすくなりますので水をはったボールなどに豆乳液をいれた容器をつけて冷ますとよいです。
※寒天の分量はさらに水分量を調整してフルフルの柔らかさまで作る事ができます。
※黒蜜はだいたい黒糖:砂糖(きび糖、甜菜糖など通常つかっている砂糖):水=1:1:1の割合で‥‥

そば粉パンケーキ

パンケーキにそば粉を加えると軽い食感、さっぱりした味わいになります。

CA390161.jpg

薄力粉90gそば粉60g(薄力粉とそば粉合わせて150gで割合はお好みで)、ベーキングパウダー 小さじ1.5、砂糖大さじ1.5、塩 一つまみ
卵 1こ、牛乳又は豆乳 200ml、 バター15g

ボールに粉類、砂糖、塩をふるい→真ん中をくぼませて卵、牛乳、溶かしたバターを加え泡立て器でほぐしながらよく混ぜる。
フライパンで焼く。
※パンケーキをきれいに焼くにはフライパンを熱してキッチンペーパーなどで油をなじませ、一度ぬれ布巾の上にのせて温度を落ち着かせ種を流し入れてから火にもどして弱火で焼きます。パンケーキの表面にフツフツと泡がでてきたらひっくり返します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。